「しわは乾燥でできる」と思っていませんか?
本当に「しわは乾燥でできる」のでしょうか。

ごく浅いしわなどは、乾燥でできるので、
保湿を頑張れば消えるでしょう。

でも、保湿しても消えないものは、乾燥による皺ではないのです。
この様なしわはコラーゲンの減少によるのがその原因なのです。

保湿とコラーゲンの関係を探っていきまましょう。

 

しわたるみのケアはコラーゲンにかかわっています

真皮にはコラーゲンの線維張り巡らされているのですが
その線維をエラスチンの線維がとともに弾力を作っているのです。

この、コラーゲンもエラスチンも、真皮にある繊維芽細胞
作られているのですが、加齢によって量減っていくとともに、
繊維も変性して硬くなっていくのです。

真皮のコラーゲンが減り、さらに弾力を失うと、
皮膚は薄くなり硬くなってしまうのです。

この様になって来ると、
表情によっては、シワが見えてくるようになるのです。

たるみのでき方根本原因はしわと同じようにできてきます。

真皮をキープしていた繊維が減ることによって、
それらがが崩れるてくることで、皮膚全体が垂れ下がってしまうのです。

目元の皮膚が弾力を失うとともに、
眼球の周りの脂肪を支えられなくなることで、
涙袋のたるみとなって表れてき来るのです。

また、頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるむと、
頬の位置が下がってきて、口元に法令線ができてしまいます。

同じように、フェイスラインの皮膚がたるむと、
あごの厚い脂肪を支えきれなくなって来ることで、
二重あごになります。

この様になってきたときには、シワもたるみも、
その対策として大切なことが、
肌にコラーゲンを増やすようにすることです。

うるおいを気にして水分を考えるよりも、
コラーゲンを増やすケアが必要となって来るのです。

 

ビタミンCをコラーゲン作りのために補給する

コラーゲンは肌弾力を守る為のスプリングです。

それを強化するスプリングアとしてビタミンC
必要になって来るのです。

 

ここで使いたいのが、
ビタミンC誘導体配合の化粧品類となります。

コラーゲン生成にどうしても必要とされるビタミンCは、
そのままでは吸収しにくい成分なのです。

そこで、ビタミンC誘導体として
ビタミンCを肌に浸透しやすい形にしたものです。

この時に、「美顔器でイオン導入を助けてあげることで、
ビタミンCの浸透はさらに良くなって来るのです。

 

~~~~~~~   ~~~~~~~

敏感肌の人の中にはビタミンCが苦手な方がいるのですが、
そのような時には「ナイアシン」が良いでしょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うと、
ピリピリと肌を刺激する感じがしたり、乾燥感じたりする事が有ります。

敏感肌の人や、使ってみて苦手と感じた人は、
刺激の少ないナイアシン配合の化粧品を試してみることがお勧めです。

ナイアシンというのは、ビタミンB3のことです。

強い抗酸化作用を持っていて、血行を促進し
細胞を活性化させる働きをします

コラーゲンを増やして、肌にハリを与える効果も得られます。

肌荒れやニキビやくすみの改善にも役にたつでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しわ、たるみの予防に抗酸化化粧品エイジングの進行を遅らせる

私たちの体内では、
紫外線、有害物質、ストレスなど様々なものが作り出されています。

活性酸素は、細胞やコラーゲン繊維を傷つけることで
しわ、たるみを生み出す悪いやつです。

抗酸化成分を含む化粧品でケアすることが大切になります。

抗酸化成分を含む化粧品としては、
ビタミンC誘導体やナイアシンも抗酸化成分ですが、
他にカテキン、リコピン、レスベラトロール、
油溶性甘草エキス、オウゴンエキス(漢方薬)など、
様々な植物エキスも使われています。

油溶性甘草エキス配合の化粧品なら、
抗酸化作用と同時に、美白効果も期待できます。

コラーゲンケアにはピーリング+レチノール最強

  ピーリング後の肌はレチノールの浸透もアップします

シワ・たるみの解消には、代謝を高め、
コラーゲンを増やすケアが必要ですが、
の為におすすめなのが、3~4日毎ピーリングです。

このピーリングをすることで、古い角質を除去するができて、
ターンオーバーが活性化し、コラーゲンが多くできてきます。

ピーリング後の肌は、化粧品成分の浸透良くなります

ここでシワに有効な溶液を使うと、さらに効果的です。
レチノール(商品名例: ビタスパ
はコラーゲンを増やす作用がありますのでオススメです。

ただし、ピーリングとレチノールの組み合わせは刺激があるので、肌の弱い人は、
レチノールの代わりにビタミンC誘導体(商品名例:VCスターターセット)か
ナイアシンを配合した化粧品を使うと良いでしょう。

~~~~~メモ~~~~~

使用する化粧品としては、
塗った後に洗い流せる、ミルクかジェル状のピーリング剤がオススメです。

AHA(グリコール酸や乳酸など)を配合した
石鹸タイプのものがありますが、ピーリング効果は弱く、そのうえ
脱脂力(皮膚を取り去る力)の強いものが多いようです。

また、塗りっぱなしにするAHA配合の美容液タイプのものもあります。

濃度が低いのでシワ等には劇的な効果を期待できませんが、
あごなどの深いニキビには有効なことがあります。

~~~~~~~~~~~

表情筋エクササイズは間違うとしわを深くしてしまう事も

表情筋は皮膚についている筋肉で、
コラーゲン他いろいろなタンパク質でできています。

皮膚と同じく、表情筋も年齢とともにたるみ
二重あごや口角が下がる原因になっています。

たるみ解消方として
大きく口を開けることなどの表情筋エクササイズがありますが、

これはかえって表情皺を深く刻んでしまうので、
逆効果になる事も有りますので注意が必要です。

(市販の器具を使った筋トレはお勧めできます。)

また、普段から表情に緊張感を持たせると、
知らないうちに筋肉を鍛えられてたるみ予防になります。

口をしっかり閉じて姿勢を正してあごから首のラインを
意識するように心がけましょう。

シワやたるみは単なる“乾燥”からきているのではなくて
シワもたるみも、
その対策として大切なことが、
肌にコラーゲンを増やすようにすることだったのですね。

 

下記の公式サイトで見られる内容は、

プラセンタ セラミド 美容液のリマーユ プラセラの
原液のお試し 2本セットは、
パラベンフリーで、
しみ しわ くすみ たるみ ほうれい線 目元 目じり 化粧水 美白 敏感肌 肌荒れ そばかす ニキビ 予防 毛穴のケアで、
馬プラセンタや馬セラミドのプラセンタ原液の保湿にプラセンタエキス原液の有効性について説明しています。