毎日毎日少しづつ増え続ける、広がっていく、濃くなっていく
そんな“シミ”気になりませんか?怖くないですか?

そんなシミをどうしていますか?

 

多くの場合、「美白化粧品」でケアしていませんか。
それは、チョットあっていない場合が多いのです。

シミのタイプに合わせたお手入れ方法を
考えていきましょう

 

女性

シミは美白成分で改善できないものある

シミは、紫外線によってメラニンが増えていったものですから、
美白成分でケアすれば拡散が遅くなると考え勝ちなのですが、
実際のところはそう簡単にはいきかないのです。

シミには、原因やでき方でいくつか種類に分類されます。

シミの中でも最も多いタイプは、
日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑
言われるものです。

このシミの場合は、見えるか見えない程度の
ごく薄い初期段階であれば、美白化粧品が有効です。

ただし、しっかり定着してしまったものには
効果期待できないのです。

 

そもそも美白化粧品とは

メラニンを作り出すメラノサイトのサイトという
細胞の働きを起こさないようにしようとするものです。

ですから、メラニンが過剰に発生している段階で
その効力を発揮するなのです。

定着した老人性色素斑
つまり輪郭がはっきり出来上がった物には、

メラニンが震えているだけでなく
皮膚の構造自体に変化が及んでいます。

こうなってきているものには、
美白化粧品で改善しようとしてもむりなのです。

だからと言って、美白化粧品で消えないシミは、改善策はないわけではありません。

それにはまず自分のシミの種類を判別することから始めることが大切です。

自己判断できない場合は美容皮膚科に相談をると良いでしょう。

美白化粧品が効かないのにも関わらず、
それと知らないままに、高額な高級化粧品を使っていつまでも顔に塗る続けても意味がない事になってしまいます。

 

主に出来るシミは肝斑(カンパン)
という思い込みに注意

多くの方が誤解しているようですが
自分のシミが“肝斑(かんぱん)”だと思い込んでいることです。

のように女性が気になるシミの大半は、
老人性色素斑”事が多いのです。

老人性色素斑の場合でも、
頬骨あたりにでき始めることが多いために混同しやすいようです。

シミの種類とケアの方法 Ⅰ

 老人性色素斑

老人性色素斑の特徴

シミと呼ばれるものの中で最も多いのがこのタイプです。

老人性色素斑は列名「日光性黒子(にっこうせいこくし)」とも呼ばれ、
いわゆる日焼けの積み重ねによって出来るシミです。

ある日突然出来たように感じることもありますが、
これは直前の日焼けによってできたとは限りません。

多くの場合は、若いころに紫外線対策をしていなかったり
したことから現れることが多いものです。

紫外線による肌ダメージが少しずつ肌の奥に蓄積し、
コップの水が溢れるように、シミとなって現れてきます。

40歳前後になると、
「 急にシミが増えた」と自覚する人が多いのはこのためでしょう。

頬骨の高い位置からでき始めることが多く、
数ミリから数cmの丸っこい色素斑であることが多いようです。

年を取るにつれて現れる老化現象で多くの方に現れるものです。

炎症性色素沈着と比べるとシミの境界が
くっきりしていることが多いものです。

できはじめは薄い茶色をしていますが、
次第に濃くはっきりしてくるのが特徴です。

何年も経つうちに隆起してくることがあり、
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)へ
発展することもあります。

 

老人性色素斑の予防法

予防は急に何かをやるのではなくて、
毎日のUVケアが一番大切になります。

外出時はパウダーファンデーションを塗り、
レジャーなどで紫外線の居場所へ行く時は、

日焼け止め化粧品と
パウダーファンデーションのダブル使いで
UVケアを徹底させましょう。

化粧品でのケア

ごく初期の薄っすらとしたものには、
美白化粧品の効果を発揮するでしょう

しかし、定着してしまったものは、
皮膚の構造自体に変化が及んでいるため、
美白化粧品では消えません。

この様になって、
シミ輪郭がはっきりしてきたものには、
レーザー治療を行うといいのです。

 

 肝斑(カンパン)

肝斑(カンパン)は紫外線でできるのではなく
女性ホルモンの乱れが大きく影響してできます。

特にホルモンのバランスが崩れてくる3040代の
女性に目立ちます。

特徴的なことに、左右のほ骨の上辺りに対象にできます。

ポツポツ出来るのではなくもやっとした
グレーや茶色のシミです。

点々もしくはぽつぽつと丸くできるシミは、肝斑ではありません。

肝斑は稀に、鼻の下や額に出ることもあります。

ホルモンバランスの乱れが影響してるため、
妊娠中やピルを服用中の人、
または更年期の人にもよく見られます。

 

予防法としては、
規則正しい睡眠やバランスの良い食事などを心がけ、
女性ホルモンのバランスに気を配ることが大切です。

また肝斑は紫外線で悪化することがあります。

外出時はパウダーファンデーションを塗り、
帽子や日傘などで紫外線をカットしましょう。

ストレスによってホルモンのバランスが乱れ、
肝斑が濃くなるとも言われています。

上手なトレス解消法を見つけて、
溜め込まない工夫をしましょう。

 

化粧品でのケアでは、
美白化粧品でのケアは有効です。

ピーリングと合わせると、効果が高まります。

美容皮膚科では、アルブチン、有用性甘草エキス、こうじ菌、
ハイドロキノンなどの成分がよく用いられています。

その他の治療法としては、基本的にレーザー治療は不向きです。

肝斑には内服液有効なのことがあります。

 

トラネキサム酸という内服液を数ヶ月服用すると、薄くなることが多いようです。

市販のものもあるので、試してみると良いでしょう。


ただし、すべての肝斑に行こうというものではありませんので、
12ヶ月内服して効果が見られない場合は、
いつまでも飲み続ける事は良くありません。

トラネキサム酸は止血剤ので、
血栓ができやすい人や動脈硬化がある人などは、
内服できないこともあります。

トラネキサム酸のほか
「桂枝茯苓丸」という漢方が有効なこともあります。

心配な人は市販薬は使わず、
美容皮膚科で相談しましょう。

 

シミの種類とケアの方法 Ⅱ

 炎症性色素沈着

炎症性色素沈着特徴
ニキビ、傷、虫刺されなど、肌に炎症起こすものできて、
その後がシミになったものです

頬から顎にできるニキビが特に炎症性色素沈着を起こしやすく、
ニキビの上から日焼けするとさらに沈着します。

足や腕にできた虫刺されの後は茶色くシミのように
なってしまうこともありますが、これも同じです。

その他、メイクを落とす時にコットンで拭き取る、
ゴシゴシ肌をこすって洗顔をする、
強い力でマッサージをするなど、
肌をこする習慣がある人の肌は、
慢性的な炎症起こしています。

それがメラニンの生成を増やし、
全体的にくすんだり、
地黒のように見えてしまったりすることもあります。

化粧品の肌にあっていないのに知らずに使いつづけて、
炎症起こし、そこから色素沈着になっている人もいます。

炎症性色素沈着は、
炎症の原因を取り除けば何年かかけて消えていくものが
多いようですが、その上から日焼けをすると、
そのまま残ってしまうものもあります。

予防法としては、炎症性色素沈着を防ぐには、
炎症起こすような刺激を与えないことです。

肌をこするようなスキンケアをしている人は
すぐにやめましょう。

またニキビや傷などが出来た時は、
上から日にあたらないよう
パウダーファンデーションを塗るなど

体の傷跡などにテープを貼って紫外線を防ぐなどの
工夫をしてみましょう。

 

化粧品を使った方法としては、
まずは美白化粧品でのお手入れをしてみましょう

その他の有効な治療法
炎症性色素沈着には、ピーリング番即効性があります。

ビタミンCイオン導入も効果的です。

炎症性色素沈着は、基本的にレーザーが効かないので、
治療に最低でも数ヶ月はかかります

 

 脂漏性角化症

脂漏性角化症の特徴は、
シミからさらにイボのように盛り上がってきたものす。

よく見るとイボの表面はぼそぼそと干しぶどうの
表面のような外観をしています。

加齢や紫外線の影響で出来たもので、
表皮が厚くなるなど皮膚の構造に変化を及ぼしていきます。

色は褐色や黒色で、大きさは数ミリから23 cmほどで
あることが多いようです。

手の甲にできるポツポツとしたシミも多くは
この脂漏性角化症です。

 

予防法老人性色素斑と同様に、
普段UV対策を徹底することが肝心です。

化粧品でのケア方としては、
皮膚の構造そのものが変化してしまっているため、
美白化粧品は使えません。

他の治療法として、
専門医による、レーザー治療のほか、
液体窒素による凍結療法も有効です。

 

 雀卵斑(ソバカス)

特徴一般的には小さいシミのことをソバカスと呼んでいますが、
厳密には遺伝的なものだけを指します。

遺伝的なソバカスを10代の頃からでき始め、
小さい茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴です。

 

そばかす

シミのひとつ一つの形が、
円と言うよりは三角や四角をしています。

白人には多く見られ、日本人にはそう多くは居ませんが、
日本人のばあいには、色白の人に比較的多いようです。

予防法は遺伝なので、完全な要望は出来ませんが、
日に当たるとさらに濃くなるのでUV対策は必要です。

 

美白化粧品はたまに使うのではなく
日顔全体に使う

普通には、美白化粧品春・夏に使われると
思われているようですが、365日毎日使う事が大切です。

シミ夏にできて、冬に消えるものでありません。

あなたが今まで浴びてきた紫外線の蓄積が、
シミとなって表れているのです。

美白成分は季節や天気に関係なく、
1年を通して肌に与え続けてこそ効果があります。

美白化粧品はできてしまったシミを消すというより、
予防的に使うものなのです。

シミのできている部位だけでなく、顔全体に使いましょ

シミの上から刷り込んだりせず、
ての平頬を優しく包むようになじませするようにしましょう。

 

美白成分の1つである「ビタミンC誘導体」は、
メラニンを作る働きを抑え、
メラニンの1部を淡色化させる効果があります。

ビタミンC誘導体の効果をさらに深めるなら、
美顔器を使ったイオン導入がお勧めです。

ビタミンCの化粧品をただ付けた場合と比べ、
20倍も浸透率がアップします。

またサプリメントから
ビタミンCを取ることも人気ですが、
肌にはあまり届かないのでシミを薄くするほどの力はありません。

化粧品で与える方が効率的といえます
憧れの白いつやのある肌は、
一日ですぐに出来上がるというようなことは出来ず
毎日コツコツと楽しむような感覚で行う事が肝心なのですね。

 

 

ロスミンリペアクリームホワイトの動画です。

この動画でご覧頂いたように、
ロスミンリペアクリームホワイト」は
シミや乾燥小ジワを目立たなくする薬用化粧品です。

ロスミンリペアクリームホワイトは
有効成分のアルブチン (美白主剤)や
トラネキサム酸 (肌荒れ防止主剤)などの
「医薬部外品」として認められた薬用クリームが
「小じわ」や「シミ」への働きかけるものです。

 

アルブチン
メラニンの生成をおさえ、シミ、そばかすを
防ぎ優れた美白効果が有ります。

トラネキサム酸は、
抗炎症作用により表皮の肥厚化や
メラノサイトの活性化を促す「プラスミン」の
働きを抑えることで、
肌荒れ・キメを改善させる働きをします。

この様に、ロスミンリペアクリームホワイトは、
シミ、小じわだけじゃなく、
くすみ対策で透明感溢れる肌へ導クハ滝があります。

また、ロスミンリペアクリームホワイトは、
安心の無添加の化粧品で、
パラベンラフリー・アルコールフリー・鉱物油フリー・香料フリー・着色料フリー・紫外線吸収剤フリーで肌に良くないとされているものは一切使用していません。

この様に、シミや乾燥小ジワを
目立たなくする薬用化粧品の
ロスミンリペアクリームホワイトについては、
下記の公式サイトで詳しい内容をぜひ知ってください。
↓↓↓
ロスミンリペアクリームホワイト

ロスミンリペアクリームホワイト

~~~***~~~
 関連記事です・合わせてご覧ください。

シミの多くは老人性色素斑だ!どうケアすればいいのか?
嫌なシミ対策と予防法!ホワイトロジーエッセンスでシミもどうにかなる?
乾燥肌の保湿や年齢肌や古い角質の悩みは【うふ肌】がおすすめ!