「セルライト」とは何?

早速ですが、「セルライト」とは何でしょうか?

セルライトは、
特に女性に多く、肌がデコボコになったり、
肌の表面がオレンジの皮のようになったりします。

このことから、オレンジピールスキンと
呼ばれる現象のことで、
脂肪と老廃物が固まった塊がその正体です。

セルライトは、
皮膚のすぐ下につく、皮下脂肪が肥大化し、
血管やリンパ管を圧迫することで、
セルライトができるのです。

また、おしりや、太ももに多くみられる現象で、
成人女性の8割の方にまで見られる、
ある意味ではおなじみの物といって良いようです。

二の腕や、お腹にもできますが、
その多くは下半身に出来る事が多いようです。

この様なセルライトは、
脂肪細胞を浮揚させる冷え性、
老廃物貯めるむくみ体質を改善すれば、
セルライトがつきにくくなると考えられます。

美容の先進国のイタリアでは薬局に並ぶサプリメントの
約4分の1が、セルライト対策用だと言われているそうです。

それらのほとんどは血流を改善し、
血液循環を促す効果を持つものなのです。

また温泉でのセルライト治療法として、
血行促進する温冷入浴を中心としています。

血流を良くし、脂肪細胞を浮遊しにくくする
まず冷え性の改善には、
血流を良くする温冷入浴が効果的です。

実験では、
熱いお風呂と冷たいシャワーを交互に使うと、
ぬるめのお風呂に長く入るよりも入浴後の
体表温度が下がりにくいことがわかりました。

血管は、熱いお風呂に入ると広がり、
冷たいシャワーでは収縮しするのですが、
この繰り返しによって自律神経の働きが高まります。

その結果、血流の低下が改善されて、
脂肪細胞が浮遊しにくくなるのです。

 

リンパの流れをよくして脂肪細胞に老廃物がつくのを防ぐ
もう一つの予防法は、むくみ体質を改善することです。

むくみは体の下水道とも言えるリンパの停滞をし起こすため、
老廃物が体内に残ってしまいます。
セルライトは脂肪細胞の老廃物の付着によって
巨大化するのですから、
老廃物をきちんと体外に排出することが
セルライト予防につながります。

それにはマッサージが効果的です。

 

参考に動画をご覧ください。

 

マッサージによってむくみを解消すれば、
リンパの停滞が改善されるのです。
また、マッサージの効果はそれだけではありません。

 

老廃物を取り除くマクロファージ“の働きを
より活発により活発にしてくれるのです。
マッサージは、先ほどの温冷入浴と組み合わせることで、
さらに効果が高まります。

 

家庭でできるセルライト予防法

温冷入浴

・ 40度ほどの熱めのお湯にみぞおちあたりまで浸かり、
 10分間程度半身浴をする。

・セルライトが気になる部分に20℃程度ののシャワーを2分あてる。

・再び40度のお風呂に入り、 5分間半身浴をする。

・さらに気になる部分に20度のシャワーを2分間あてる。

・これらの事を2回繰り返す

入浴

できてしまったセルライトを破壊する
セルライトは食事制限や運動など、
通常のダイエットでは落ちないものです。

出来てしまったセルライトを解消するために!

専用のセルライト撃退の道具ががあるのですが、
家庭ではそのようなマシンを使えませんので、

家庭で行うなら指圧が効果的です。

はがれた不純物の残骸をリンパに流す
せっかくセルライトを破壊しても、そのままにしておいたら、
その残骸がまた脂肪細胞に付着して、
セルライト化が始まってしまいます。

 

はがした不純物が必ずリンパに流しましょう。
そのために行こうとなるのが、
予防法として紹介した温冷入浴とリンパマッサージなのです。
セルライトは、壊して流すという2つのケアで初めて撃退できるのです。

冷え性やむくみを改善する食材

セルライトの予防に不可欠なのは冷え性とむくみ対策でした。
ここでこの2つの体質を改善するのに有効な食材を紹介していきます。

 

冷え性に有効な食材

・レバー・ほうれん草
越軍は赤血球を構成するのに欠かせない成分です。
赤血球やその成分であるヘモグロビンが少なくなると酸素を十分に送れず、
細胞での営業燃焼が、完全になるため、体が効率よく温められません。

 

・しょうが
ジンゲロールと呼ばれる辛み成分が、吸収された後で、
血管内に浸透し、細くなった血管を正常に戻す働きをします。
・かぼちゃ・黒ごま
ビタミンEにも、血管を拡張させる効果があります。

 

・果物・野菜
ビタミンCは毛細血管を強化してくれます。

食品類

 

また、自律神経の乱れから起こる血管収縮を緩和する働きもあります。

むくみ解消に有効な食品

・野菜・果物・ナッツ類
過剰な塩分はむくみのもとです。
カリウム、グネシウム、食物繊維には、
取りすぎた塩分を排出してくれる働きがあります。

・肉・魚・豆類
タンパク質から強制されるアルブミンは、
水分調整の要です。
息すると細胞間にあふれた水分を回収できなくなります。

・牡蠣(カキ)
豊富に含まれる亜鉛が肝機能を向上してくれます。

・ミネラルウォーター
朝いちばんに硬水を飲むと、
細胞間液を血管に戻す働きをしてくれます。
日中には循環しやすい軟水が良いでしょう。

 

   ・・まとめ・・

セルライトは色々と体に対して悪さをします。
セルライトが有ると言う事は、
血流やリンパの流れが滞りやすい状態になってしまいます。

また、そうなることで冷えやむくみが悪化して、
そのことで、またセルライトが出来るという繰り返しになってしまいます。

太っている人だけが危険なだけでなく、
痩せているからと言って安心はできません。

痩せていても、筋肉が少なく冷えやむくみのある人は
きけんな体質なのです。

一旦できたセルライトを放置しておくと
体中がボコボコな状態になってしまう事のあるように
増殖性が強いものです。

そのようにならないためにも、
早めのケアが必要で、予防や解消を心がけることが
何よりも大切になります。

セルライトができるメカニズム

・脂肪細胞が血管から離れて浮遊する

・浮遊した脂肪細胞に老廃物が付着する

・コラーゲンが脂肪細胞包み込み、
  固いカプセル状にしてしまう

・セルライトの完成!

 

セルライトができやすい体質

冷え性体質
先進的な血液低下を引き起こし、
血管と細胞間の水分調整を滞るあてるため、
脂肪細胞が不要しやすくなってしまう

むくみ体質
財布ないの余分な水分が排出できずを廃物がたまり、
浮遊した脂肪細胞に付着しやすくなってしまう
セルライトを予防するにはこれらの体質を改善することが大事!

予防法1
血流を良くし、脂肪細胞を浮遊させにくくする ⇒ 温冷入浴

予防法2
リンパの流れをよくし、
脂肪細胞に老廃物が付着するのを防ぐ ⇒ リンパマッサージ

できてしまったセルライトの撃退法

撃退法1
脂肪細胞に絡みついたコラーゲンをはがす ⇒ マッサージ

撃退法2
晴れた不純物の残骸をリンパに流す ⇒ 温冷入浴+リンパマッサージ

 

ここまでセルライトについて見てきましたが、
大変に厄介なものであることもわかりました。

色々と努力しても改善が見られないときには、
セルライトを考えたサプリメントに
頼ってみることも必要な手段かもしれません。

そんな時に是非おすすめしたいのが、
【スルスルむくみん】と言われるものです。

【スルスルむくみん】の公式サイトは下記になります。
改めてセルライトの対処法をご覧になってみてください。
     ↓↓↓
キャンペーン用バナー【期間限定】
水分バランスを整えてスッキリ足【スルスルむくみん】

セルライトという特に女性にとっては厄介なものですが、
美容の基本にも関わってくる大切なののですので
ときにはこのようなものに助けてもらって、
明るく楽しい生活をしていきましょう。