おなら くさい

おならはみんな “くさい” ものでしょうが、

そんな中でも、時によっては「特別に臭い」時や、
今回は特に臭い、といった時もありますよね。

こんな、「おならの原因」を考えていきましょう。

おならで困ってる!おならはなぜ出るのか?止める方法は?

私達人間は生きてゆくためには、ものを食べます。くさい
おならが出来るまでの様子は・・・?

食べ物を口から飲み込んでいるのですが、
その時に自分では気が付かないままに、食べ物と一緒に
“空気”も飲み込んでいます。

この、口から飲み込んだ食べ物と空気は、
胃の中にはいり、腸まで届けられます。

腸内に届けられた、食べ物は分解されますが、
此の時に、ガスが発生するのですが
このガスがおならになるのです。

此の時にガスはそのほとんどは、腸管に吸収されますが、
吸収されずに残ったガスもあって、
そのガスこそがおならなのです。

 

おならが出やすい時と特に臭い時の原因は?

おならは、出やすいときと、出にくい時が有ります。
此のことが、時に、特に臭かったり、多くでたり、
少ししか出ないときもあると言った結果になるのです。

それは、腸内細菌のバランスが崩れたときであったり、
食べる食品によったり、ものを食べる時の速さや、
口から飲み込む空気の量によって色々と変化するのです。

私達の腸の中には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。

腸の中の善玉菌と悪玉菌は、どっちかが多くなったり、
少なくなったり、健康状態や、食べる食品に
大きく左右されるのですが、
この2つの菌のバランスが崩れている時には、
おならが多く出ることにつながってくるのです。

特に、日によって、おならの臭いが強く感じるような時には、
悪玉菌が増えている証拠と言えるでしょう。

悪玉菌は、腸になかに取り込まれた、たんぱく質や脂質を
餌として活発に活動したり、増える菌なのです。

 

おならの出方を左右している善玉菌と悪玉菌とは?

 

悪玉菌は、腸の中を腐敗させることによって、
有害物質のアンモニア・スカトールなどと言った
特に「臭いガス」を発生させます。

このことから、タンパク源となる、肉類を多く食べると、
臭いおならが出やすいのです。

また、健康状態によっては、便秘になったり、
町の中で、便が腐敗して、悪玉菌が増えてしまいます。

この他にも、私達がストレスをうけると、活性酸素が発生して、
消化吸収力が弱まるのですが、こうなるときにも悪玉菌は増えます。

腸のなかの善玉菌は本当に大切で、

善玉菌が多く活発に活動している時には、おならも、
においの少ないないおならが出るのです。

悪玉菌はタンパク質や脂質を餌としていると、
先程も出てきましたが、

善玉菌は食物繊維をエサにして増えています。

善玉菌働きは、
腸内の食べ物を発酵し、消化吸収を助け、腸のぜん動運動を促し、
免疫力を高めたりする、など大きな良いの働きがをします。

この素晴らしい善玉菌は、普段からの正しい食生活や、
ストレスのない生活、良い睡眠を心がけるなどによって、
自然に活発に活動してくれるのです。

 

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすためには、食物繊維や乳製品を
欠かさず摂取し、腸内細菌のバランスが正常に働き、
その事でおならも減っていくのです。

このようなことからも、おならを解決するには

・よくかんで食べてゆっくり食べる

・ヨーグルト・納豆・キムチなど、“乳酸菌”を含んだ食品を食べる

・野菜・海藻・きのこなどの食物繊維を摂取するように心がける

・よく休み、ストレスを溜めない生活をする

此の様な生活が必要になってくることが理解できますよね。