「スキンケアの仕上げにクリームで
うるおいを閉じ込めています」
これ、間違いですよ・・・!

 

どう間違っているのでしょうか。
どうすればいいのでしょうか。

肌のうるおいはどう解決したらいいのでしょうか?
どの化粧品が良いのでしょうか?
クラウンセルクリームについて見ていきましょう。

肌の保湿効果を高める為に

クリームや乳液は、肌に油分を補うためのものです。

保湿効果を得ようとしても、
油膜の間から水分が出て行ってしまうので
保湿効果はそれほど高くないのです。

肌のうるおいを保つのに必要なのは、
肌の内部で水分を抱え込むセラミドなどの成分なのです。

クリームなどの使い方としては、
そこに含まれる油分を肌のうるおいとして考えるより、
潤滑油の働きを活用するようにして、
特に、目元・口元には皮脂腺が少ないし、
以後気も激しい所なので油分が必要なところですので、
この様なところにクリームをつけるといいでしょう。

特に40歳を超えてくると、
皮脂の分泌量は減ってきますので、
肌につやがなんくなって来たなと感じて来たような時には、
クリームをつける範囲を広げていくようにします。

クリームには、サラッとしたものと、コクの有るものが有り、
油分を補う必要を感じた時にはコクのあるものが良いでしょう。

クリームをつける時の勘違い

・強くすり込む
肌をこすったり、引っ張ったりするときの摩擦が
肌を傷めてシミの原因となる事が有ります。

・つけすぎる
クリームをつけるのは、皮脂の少ない所だけにする。
必要にないところまでつけると、ニキビやテカリの原因になります。
たっぷりつけるといいのだと思いがちになりやすいので注意です。

うるおい成分が不足した肌のケアは
「化粧水のシートパックで、週に一度
うるおいをチャージしています」 は勘違いです。

うるおい成分が不足した肌にシートパックをしても
一時的には肌がしっとりしますが効果は持続できません。

化粧水の成分はほとんどが水だからです。
肌にしみ込んだと思える水分は時間がたてば蒸発してしまいます。

かさつきがちな肌には根本的な改善には効果がないのです。
ただ、気持ちが良いとか自己満足で良い場合にはOKでしょう。

保湿パックのやり方は

早く結果欲しくてパックをするときには、
肌に塗った後固まり、洗い流すタイプのものを
選んで使うと効果的です。

カサつきやメイクの乗りが悪く感じた時は、
基本のケアに正しい保湿パックをするようにしましょう。

 乾燥肌での悩みで保湿ケアをする

 乾燥肌で悩む人が、保湿ケアをしたいと思った時には、フェイスクリームが欲しくなることでしょう。

乾燥肌を鎮め、とにかく保湿がしたいと思うことでしょう。

自分が選んだ化粧水なり、クリームの中に、どんな保湿成分が配合されているのかを確認する必要があります。

折角良かれと思って使っているものの中に必要な成分がなかったら残念な結果になってしまいます。

選んだ化粧品に中に、
保湿成分として、

ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・エラスチンなどが入っていることを確認することが大切です。

ただ、保湿成分の中には、角質層と真皮でそれぞれの働く保湿成分には違いが有ることを知っておくことが必要です。

角質層で働く機能がある成分には、
セラミド・天然保温因子(NMF)・ステアリン酸コレステロールがあります。

皮膚は表皮と真皮で構成されていて、
皮膚のハリや弾力に影響する成分はヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどがあります。

肌をしっかり潤わせるためには、
角質層にも真皮にも潤い成分を
届ける必要があります。

そのため、
保湿を目的としてフェイスクリームを
選ぶ場合には、これらがバランス良く
配合されているかを確認することが大切です。

年齢肌でエイジングケアをしたい!

30歳を過ぎて、40、50歳や60歳になろうとしている場合には、ひどい乾燥や肌荒れ、はもとより身体の乾燥に悩んでいる様な時にも有るでしょうし、

もっと詳しく見てみると、
夜スキンケアをしても
朝になるとカサついてしまう、とか

普段から乾燥に気を付けて
洗顔してもつっぱる事があったり、

目元や口元のカサカサが気になることや、
ケアをしてメイクしても崩れやすいとか、

大人ニキビが気になるなどの
長い間乾燥肌で悩んでいる
場合もあることでしょう。

シミやしわ、肌のハリや艶などが
失われてしまった加齢による
ダメージを受けた肌をケアしたい場合は、
エイジングケアに効果的な成分が
配合されている必要があります。

 

エイジングケアへの効果が
期待できる成分には、

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン
・レチノール・ビタミンC・セラミド
・アミノ酸などがあります。

これらの成分が配合されているかを
確認するようにしましょう。

この中で特に、
ビタミンCは肌の細胞が
老化することを防ぐ抗酸化作用が強く、
エラスチンは肌のハリを
取り戻すために大切な成分です。

これらについてもしっかりと
把握しておきましょう。

通常

アンチエイジング効果を高める手順

健康的でつやのある肌をキープするために
日々のケアと週1~2回のケアで美肌つくろを目指しましょう。

↓ クレンジング
ファンデーションを使った日はクレンジングをする

↓ 洗顔
皮脂を落とし、適度な洗浄力が有る洗顔料を使う

↓ 化粧水
ビタミンC誘導体の配合されたものを選ぶと
アンチエイジング効果がアップする

↓ 美容液
保湿成分が配合されているものを顔全体に
美白やアンチエイジング効果のあるものを
重ねてつける良い

↓ クリーム
目元・口元の動きのある部分に少しのクリームをつけて油分を補う

↓ ファンデーション
肌に負担が掛からず、日焼け止め効果が有る
パウダーファンデーションがおすすめ

↓ 週2回のパックとピーリング

↓ 週1回のケア
ビタミンC誘導体の化粧水にイオン導入器をプラスすれば
肌への浸透力が数十倍に
超音波でマッサージ器は肌の血行を改善し、
ハリを高めてしわ予防に役立つ

綺麗な肌でいるためには、
それなりの努力が必要なのですね。

出来る範囲で楽しみながら
美しい肌を作っていけると良いですね。

クラウンセルクリームの公式サイトです。
    ↓↓↓
通常

驚異の持続と心地よさ【クラウンセルクリーム】

 

・