スベスベでツヤツヤで白かった肌が・・・
何となく暗く元気がない肌になってきた・・・

これって “くすみ” だろうか?

どうしてこうなった?元に戻す方法は?

さぁ~ スッキリさせていきましょう!
そして、その方法は・・・。

 

女性

角質異常や乾燥、血行不良か?
くすみの原因はいろいろ

肌のトーンが暗く感じ、何となくくすんでいるかなぁ~
じゃ~美白化粧品を使えばいいだろう、そう思いましたか。

でもね、くすみにはいろいろな原因があるもので、
美白だけでは改善しないこともが多くあるのです。

くすみが出始める一番の原因はね、
老化による角質肥厚>なんです。

肌のターンオーバーの周期が遅くなり、
古い角質が溜まって厚くなってしまっている状態なのです。

 

古い角質にはメラニンを含んでいるので、
角質肥した肌はどんよりとくすんで見えてしまうのです

この古い角質をやっつけるには、
ピーリングや酵素洗顔で取り去ることが一番簡単な
ケアと言えるでしょう。

ピーリング剤のおすすめは【うふ肌】です。


のほかにも、乾燥によって角質が細く毛羽立ち
そのケバだった影がくすみに見えるということや、
睡眠不足やストレスによる血行不良でくすんで見えることもあるんです。

ですから、
自分のくすみの
原因に合ったくすみ対策を取ることが大切です。

不要な角質を取ってスッキリ明るい肌に

ピーリング化粧品や酵素洗顔による定期的な角質ケアは、
くすみ対策やエイジングケアにとても有効な方法です。

ただ、酵素洗顔料には強い洗浄力を持つものが多いので、
極端な乾燥肌や敏感肌の人には向いていないのです。

肌が弱い人は、
穏やかなピーリング化粧品から試すと良いでしょう。

ピーリング化粧品にはいろいろなタイプがあります。

つけたとき微かにピリッとして、
洗い流すと肌がツルッとするものが良いでしょう。

ピーリングというと、肌を削り取るイメージで、
何か怖さを感じていませんか?でも大丈夫なんです。

こんな商品はどうでしょうか、
内容を見てみるだけでも「ピーリング」の事が良く理解できますよ。
>>
オールインワン美容液

乾燥ぐすみには、セラミドを保湿で角質をなめらかに

肌が乾燥すると、表の角質が毛羽立つようにくれて、
小さな陰影ができ、その陰によって全体的に黒ずんでくすんだ
感じに見えるようになるのです。

これを防ぐためには朝の保湿をしっかりしておくことが大切です。

 

保湿ケアと言うと、化粧水や乳液で肌に水分を与えることと思いがちですが、水分を肌に与えても蒸発してしまいます。

肌に必要なのは水分ではなく、
水分を肌に留めておく保湿成分です。

その保湿成分がセラミドですから、
セラミド配合の美容でしっかり補うことが必要なのです。

潤を逃さないセラミド配合の美容液を朝のメイクのお手入れに使って、
午後も進まない肌へと言う事が理想でしょう。

血行不良ぐすみには、血行がアップする運動や食事

  適度な運動や、体を温める食事で顔色良く

肌の色を決めているのは、
何と、皮膚のなかの色素や血液の色で決まって来るのです。

冷えや運動不足による血行不良になると
いわゆる「血色の悪い肌」を作り出し、
その結果として、顔をくすませてしまうのです。

血行不良には、まずは適度な運動がなによりです。

首を回す、のびをするなどのストレッチであったり
ウォーキングなどの軽い運動をほごろから心掛けて
実行することが良いのです。

食事は、体を冷やさず温めるものがおすすめです。

東洋医学では、生姜、 ねぎなどの
温性の食べ物が良いとされています。

血行不良ぐすみにはツボ押しやマッサージも有効 

 肌を刺激しないようにツボ押し軽いマッサージを

血流アップといえば、やはり思い浮かぶのはマッサージでしょう。

正しく行えば血行不良でくすんだ肌を明るく導いてくれます。

ただしマッサージは不用意に行うと、
肌をこすってしまい、摩擦による負担がかかるので
NGです。

マッサージをする意味は、“血行改善”に有ります。

クマやくすみは血行が悪かったり、
リンパの流れが、悪くなることから起こって来るのですから、
マッサージによってそれを改善してあげれば
血液やリンパの流れが改善され、肌色が良くなり、
ハリ・ツヤも良くなるのです。

マッサージの結果は目に見えて改善していくのが
確認しやすいので、気持ちの上でもやる気が失せることなく
続けることが出来ることでしょう。

マッサージは、一日に2回、できれば3回くらい少しの時間を
使っておくないといいでしょう。

ただし、張り切りすぎて、つい力が入ってしまうものですが、
強くこすりすぎることは禁物ですよ。

朝晩のスキンケアの際に保湿美容液などをたっぷり済ませ、
滑りのよい状態で軽く行えば効果的です。

シミ用やシワ用の美容液は、人によっては刺激が出やすいので、マッサージの前には控えましょう。

またツボ押しはこすらずに済むので肌に負担なく
血流改善できる良い方法です。

朝夕の習慣にてみましょう

 >>ツボ押しの図<<

ツボ押し

・下関(かげん

頬骨下を耳側にさすっていくと分かる凹んだ部分

・承奨(しょうしょう)

唇のすぐ下で中央部分の少し凹んだ部分

・四白(しはく)

瞼の真下の骨が有るところで、少し凹んだところ

  ~~~

ツボ押しのやり方は、

・洗顔後のスキンケアをした後で行う

・3押して、素早く離すことを3セットやる

・ツボ押しは3回から5回ほどやる

  ~~~

クスを目立たせないメイクテク

クスミを消したいためにと、
無理に明るい色のファンデーションを使うと、
顔だけが浮いて自然な印象になりがちです

ファンデーションの色を重ねることで、
角を隠そうとするのではなく、
ベースメイクを一工夫してすまない肌を目指しましょう

クスミを目立ちにくくするための工夫は

1.肌に合う色のファンデーションをチョイス
くすみを隠そうとして、の色より明るい色の
ファンデーションつける人が多いのですが、
そうすると顔だけが浮いて見えて不自然になってしまいます。

ファンデーションは、あくまでも自分本来の肌の色に
合うものを使うのは大切です。

2.顔色を明るく見せるポイントメイクも有効
光を反射させるハイライトや血色がよく見える色味の
チーを足して、顔色を明るく見せてもよいでしょう。

3.こまめなメイク直しで肌表面を美しくキープ
朝、メイクしたばかりの時は、
肌はつるりと美しく見えますね。

これはファンデーションの粉が肌に均一な膜を作り、
光を跳ね返しているからです。

でも時間が経ち皮脂がでてきてメイクが崩れる、
膜がヨレて影が出てきてしまいます。

そのよれの影を作らないためにも、
こまめにあぶらとり紙で皮脂を取り、
上からフェイスパウダーを叩いてメイクを直し、
綺麗なベールををキープしましょう。

クスミのタイプ別メイクアドバイス

乾燥ぐすみ

水分多め、油分少なめにメークをしあげる

メイクが粉浮きして崩れたりすると、
肌がくすんで見える原因になります。

ではどうしたらこれをふせげるのでしょう。

その答えは、朝のメイクを「水分多め、油分少なめ」に
仕上げることです。

まず水分多めに仕上げるには、保湿美容液。

特に保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸配合のものを
たっぷりつけます。

続いて油分少なめにするには、
下地などのクリームを塗りすぎないことです。

自分の皮脂が出てきて、
天然の下地のようになるのがちょうど良いです。

朝のメイク前は「肌がべたつくのは嫌」と、
保湿美容液を少ししか塗らない人が多いのですが、
1日中かさつかない肌をキープするには、
朝はちょっとべたつくくらいの美容液が必要です。

 

角質肥厚ぐすみ

朝のメイク前にピーリングを

くすみが気になる朝はメイク前にピーリングを行うのもお勧めです。

古い角質を取り除くピーリングすると、
透明感のある明るい肌色になります。

と云っても毎日行うのはやりすぎで、
週に2~3回程度が良いでしょう。

 

血行不良ぐすみ

血流を高めるマッサージをメイク前に

メイク前に保湿美容液をつけながら軽くマッサージを行う、
くすみ改善に効果的です。

 

100%お肌のための美容成分として添加物不使用の肌のくすみ、シミが気になる方が透明感のあるクリアな素肌を目指したいのなら、ピクノジェノール、フラーレン、αアルブチンなどの美白成分を高濃度で配合したスーパーホワイトエクストラがおすすめです。

スーパーホワイトエクストラの詳しい内容は
下記の公式サイトでごゆっくりご覧ください。
↓↓↓
透明感訴求
また、ピーリングで角質ケアをして、ターンオーバーの乱れを改善して、肌トラブル解消をするというものでは・・・。

肌に優しいプラセンタ配合のピーリングジェル【うふ肌】
を参考になさってください。

【うふ肌】の詳しい関連記事は下記からご覧ください。
乾燥肌の保湿や年齢肌や古い角質の悩みは【うふ肌】がおすすめ!