加齢に伴って表れてくるシミ・シワなどの
肌トラブルは多くあり、その予防や改善のために、
まずは肌の構造を知っておくことが必要です。

そして、それに基づいた正しいスキンケアが大切です。

 

シミ・しわ・たるみ
肌の構造図

肌のえエイジングはこうして進む

図の1番上の部分に「角質層」という部分が有ります。

この角質層は“表皮”の一番外側で、
顔では約8層、ボディーでは20層にも積みあがって
出来ています。

 

また、角質層には細胞間脂質(セラミド)があり、
水と結合して肌の水分を守り、
角質細胞同士を結び付けて刺激から肌を守る作用が有ります。

 

図の左側に「表皮」と有る部分には“表皮細胞”があり、
28日間(加齢に伴って遅くなる)掛けて
肌の表面に押し上げられていきます。

 

これがターンオーバーと言われるもので、
角質細胞となって最後はとなって剥がれ落ちていきます。

このサイクルがターンオーバーといわれているものなのです。

 

はだのエイジングの原因は

シミ・くすみ
ターンオーバーが、年齢と共に遅くなってきますが、
ターンオーバーが遅いとシミが消えにくくなったり、
角質層が厚くなって来ることで肌が
くすんで見えるようになるのです。

 

乾燥
セラミドが年齢と共に生産量が減少すると、
優れた保湿効果を持つセラミドは細胞間脂質の
40%を占める成分で有るだけに、
肌は水分を失ってくすみ、肌荒れ、ごわつき、
肌荒れとなって表れてきます。

シミ
繰り返す紫外線照射によって、
表皮が厚くなります(表皮の肥厚)。

また、メラノサイトが活性化したり
増加するためにシミが出来てきてしまいます。

紫外線

シミとたるみ
コラーゲンの変性と減少が起きてきますが、
コラーゲンは繊維芽細胞で作られ、
古くなると分解されていきます。

40歳代以降になるとコラーゲンの生産量が
大きく減ってきます。

一方では、紫外線や糖化の影響でコラーゲンが
編成することもシワやたるみの原因になります。


年齢と共に肌にはいろいろな不都合が
表れてきてしまいます。

それだけに正しいメンテナンスであったり、
正しいケアが求められてくるのです。

今回は少し難しい話題でしたが、
次回以降は個別に肌のエイジングについて
詳しい解説をしていきますのでご覧頂ければと思います。

髪の毛が薄くなった!頭皮の改善では良くならなかった!


髪の毛が薄くなって来た!

最近では気になって、
頭皮のメンテナンスはしているつもりなんだけど・・・。

髪の構造図

髪の毛が薄くなって来る原因はこれ!

女性は男性に比べて髪の毛はしっかりしているものですよね。

しかし、女性でも30歳を超えて、
40
歳にもなって来ると髪の毛そのものが細くなって来たり、
減ってきたりすることを実感するようになります。

加齢によって髪が減って来るのは、
ホルモンバランスの変化に依ったり、
遺伝的な関係に依ったりしてきて仕方のない
一面もあるでしょう。

髪の毛のバサバサ感は、
髪の表面を覆っている“キュウティクル”がはがれて、
髪の気の中にある水分が少なくなってきているせいもあるでしょう。

髪の毛が痛む原因としては幾つもあるのですが、
パーマ・カラーリング・ドライヤーなどの使い過ぎは
良く知られていることでしょう。

パーマやカラーリングでは薬剤を髪に侵透させることで
キューティクルを壊すことで髪が
ダメージを受けてしまう事は理解できますよね。

ドライヤーの場合では、
熱によるダメージが直接髪に与えてしまい、
髪を作っている“ケラチン”がダメージを受けてしまうのです。

この事への対策としては、
パーマやカラーリングの回数を減らすことや、
ドライヤーは使う回数を減らすと言う事も出来ないでしょうから
使うときの時間を短くする工夫をするようにしましょう。

また、ドライヤーでは、
びっしょり濡れたままの髪の毛にかけては駄目で、
この様な使い方をすると、
キューティクルが浮き上がっているときに使う事に
なってしまいダメージが大きくなってしまうのです。

ドライヤー

ですから、ドライヤーを使う時には、
充分にタオルで水気を拭いてから、
ドライヤーの熱風の拭き出し口から20cm位離して使い、
乾ききる前には、冷風に切り替えて使うようにしましょう。

紫外線から髪を守るという事も必要です。

紫外線

紫外線を浴びるとキューティクルが痛んでしまいますので
屋外に出るときには、
帽子をかぶるとか、髪を束ねるなどや、

髪用のUVケアアイテムを使うなどがおすすめです。

髪の薄毛の予防では

薄毛になる原因に頭皮の血行が悪くなる事が有りますので、
髪を結ぶときには、強く引っ張らないようにすることや
頭皮のマッサージも効果が有ります。

血行を気にする意味は、髪の毛は血液から成長するための
栄養を受け取っているからです。

この血流が年を取ったり、年と共に運動不足が有ったり
するなどの事で、血流が悪くなってきて、
血液が頭頂部まで届きづらくなることで

ホルモンの失調が起きたり、自律神経の働きが悪くなり、
充分な血流が得られなくなって
になったり毛が抜けたりします。

薄毛

この様な事や、
貧血が原因で毛髪が減って来る事が有るので、
鉄分を取ることに気を使いたいところです。

貧血とまでいかなくても、体内の鉄分が不足すると
潜在性鉄欠乏性貧血」という事になり、
現在はこの様な方が増えているそうです。

髪の状態も生活習慣の影響を受けるので、
充分な睡眠や栄養バランスの取れた食生活を良くして
観光で明るい生活をしていきましょう。

 

~~~***~~~

シミ・しわ・たるみの肌のエイジングの
悩みから誰もがうらやむ素肌美人へ・・・。

その秘密は、
素肌にハリを与えるトリプルコラーゲン
メラニンの生成を抑制するダブル美肌成分配合

しっかり潤いを閉じ込め、
ツヤを出す仕上げのグラッセ

大人の肌に必要な全てをこの1本に同時凝縮
    ↓↓↓
薬用グレースホワイトエッセンス
ハリと美白を同時に!薬用グレースホワイトエッセンス