老け顔がイヤだ!たるみ解消や自分でできる対策法は?

自分の顔に“たるみ”を感じた時って
なんか悲しいもんですよね。

でも、誰もが通っていく現実でもあるのでしょう。

お肌がたるむ、老け顔になる、どうしてでしょう?
その対策や改善法は・・・ 考えていきましょう。

 

たるみの原因とは?

たるみの原因となるものを端的に書き出してみると
下記のようなことが原因になって来るものとなるでしょう。

ヒアルロン酸が減ることで水分をキープす力が衰える

コラーゲンを作り出す力が足りなくなる

エラスチンの老化

ヒアルロン酸が減って来る

顔の筋肉そのものが衰えてくる

弾性線維が傷つくことで肌の弾力が衰える

顔の脂肪の在り方が変わって来る

生活している中での癖や姿勢によるもの

この様な変化の結果としては、
  下記のような事が起きてくのです。

    頬の位置が下がってくることで影が出来る

ほうれい線が目立つようになる

二重顎になって来る

首にシワが目立ってきて、シワ自体も深くなって来る

涙袋が大きくなって来る


乾燥たるみ

弾性線維が老化して出来る“真皮老化たるみ”等の
いくつかのたるみが有りますが、
乾燥たるみがたるみでは特に注目したいものでしょう。

 

動画での説明をご覧ください。↓

>>>メモリッチ<<<

 

ヒアルロン酸と保湿力不足が起こす乾燥たるみ

乾燥たるみは、文字通り、肌の表面が乾燥したり、
肌の内側の真皮層に保湿力を与えるヒアルロン酸など
減少によって起こるものです。

 

ヒアルロン酸は肌を正常に保つ上では
非常に大切な役目が有るのですが、

加齢に伴ってヒアルロン酸そのものを生み出す力が
衰えてくることで、肌に対する水分が減少してきて
たるみが生じる様になってしまうのです。

乾燥たるみのケア方法

お化粧をするときには、
保湿成分が含まれているファンデーションなどの
利用を積極的に行いようにしましょう。

室内に置いては、空気が乾燥しないように加湿器を
使ったりしましょう。

たるみを目立たせないメイクテク

下がった皮膚をメイクで持ち上げるのは
難しいのですが、目立たなくする方法はあります。

ポイントは、顔に陰影をつけて立体感を作ること。

立体感を帯びた顔はかかった上がったラインが
強調されて、たるみが目立たなくなり、
若々しい印象を与えます。

 

輪郭のたるみはシェーディングでカバー

二重あごなどの顔の輪郭のたるみには、
肌に明るい部分と暗い部分を作り出して立体感を
演出する「シェーディング」を利用しましょう。

まず、たるみが気になる部分に、
自分の肌の色よりワントーン暗めの
パウダーファンデーションか
練りファンデーションを塗ります。

その後顔全体に、
肌の色にあったフェイスパウダーをはたきます。

ハイライトで法令線対策

よく聞く話として、法令線はハイライトで消すという
テクニックを見かけますが、あまりおすすめできません。

確かにハイライト入れた直後は、
法令線の部分が明るく反射して目立たなくなります。

しかし、法令線のできる口元は、
実はよく動くところなのです。

 そのため時間が経つとハイライトがよれて、
よれたハイライトが法令線に入り込み、
筋のようになって、くっきりと目立ってくるからです。

法令線対策は、
目元を強調するなどポイントメイクの強化で
視線をそらす方がお勧めです。

ハイライトやチークでポイントを高い位置に

Tゾーンや目の下にパウダータイプのハイライトを乗せ、
それに頬の高い位置にチークを入れます。

メイクのポイントを上に向けで来ることで、
顔全体が上がった印象になります。

ビューラー使いで瞼のたるみを解消

上瞼のたるみが気になるなら、
ビューラーでまつげを根本からカールアップ
するのがお勧めです。

瞼が上がって見え、若々しい印象になります。

下瞼のたるみが気になる人の場合、
目元を印象的に仕上げると余計に目がいってしまいます。

口元などにポイントを置く方が良いでしょう。

ハイライト効果で下がった口角を上げる

口角が下がってくると、
それだけで顔全体がたるんでみえがちです。

クリームタイプのハイライトを載せる簡単テクで、
口角をキュッと持ち上げましょう。

あきらめていたたるみを始めシワやくすみも
対策にし方一つで若さを取り戻すことが
出来るのですね。

頑張ってあなたも若々しい肌を取り戻しませんか。

見てきたように、加齢とともに現れるたるみやシワの対策は、
保湿成分のセラミド配合のお化粧品が有効なのですね。

たるみ
メモリッチでクマ・シワ・たるみに保湿と潤いハリが!

たるみを始め、目元のシワ、くすみ、シミ、美白や エイジングケア、乾燥小ジワ対策などはこれ一つで対応できます。