日頃のお化粧時の悩みの中で、
「化粧品にかぶれやすい」とか、
少しくずれただけで赤みが出やすい」など、

ちょっとした刺激で肌トラブルなどのお悩みはないでしょうか。

肌のトラブルを起こしやすい肌質のことを敏感肌といっています

敏感肌にはアレルギー体質など生まれつきの要素もありますが、
年齢とともに肌が敏感になってきたと感じるなら、
セラミド不足が原因かもしれないのですよ。

 

エイジング影響する敏感肌

セラミドというものは、肌の水分を守る保湿物質です。

セラミドが不足すると、肌の水分が逃げるだけでなく、
外部刺激から肌を守るバリア機能も低下します。

こうした敏感肌を防ぐには、
正しい保湿で健やかなバリアを育みましょう。

また間違ったケアで、
自分で敏感肌を作ってしまっている事もあるので要注意です。

洗浄力の強いオイルやリキッドタイプのクレンジング、
日焼け止め下地、リキッドファンデーションなどが
乾燥を招いて敏感にしてしまうことるのです。

・・・・メモ・・・・・

角質のバリア機能が働く

ターンオーバーが正常に行われている肌の角層には、

角質細胞同士をつなぎとめるセラミドなどの

角質細胞間脂質が十分にあります。

このためバリア機能が保たれ、外部刺激をシャットアウトできます。

バリア機能が敏感に傾く

ターンオーバーが低下すると、

角層のセラミドが減少して肌の水分が失われます。

バリア機能が低下し、外部刺激が肌の奥まで張り込んでしまい、

刺激に弱い肌になります。

・・・・・・・・・・・

敏感肌ケア法

・セラミド配合の美容液で保湿を強化

敏感肌のバリア回復には、保湿番大切です

最強の保湿はセラミドなどの水分と結合する成分を補うことです。

・クレンジング料は洗浄力がマイルドなクリームタイプに

クレンジング料は洗浄力が強すぎない敏感肌用のクリームタイプがお勧めです。

適度な硬さのあるもののほうが、こすらなくて良いでしょう。

・ファンデーションはに優しいパウダータイプがベストです

クリームやファンデーションは水分を含むため、
顔料をそこに分散する界面活性剤や
保存のための防腐剤が入っています。

肌へのやさしさで選ぶなら、
パウダーファンデーションがオススメです。

パウダーが粉っぽくて苦手な人は、
硬めの練りファンデーションを使うと良いでしょう。

・極端に敏感に傾いた時は保湿中心のシンプルケアに

水もしみるほど敏感時はクリームだけをつけます。

UV対策は肌に刺激ある日焼け止め化粧品は避け、
パウダーファンデーションかフェイスパウダーが良いでしょう。

敏感肌と共に肌老化を防ぐことも必要で、
その為には保湿ケアが重要な要素となってきます。

これは歳を重ねるごとに肌そのものが保湿力が弱ってきますし、
肌表面にしてもしぼんだような、ごわつき感が出るなどして、
しわ、たるみ、毛穴の開きとともに肌のターンオーバー等が
起きるので一層の保湿に心がけるなど、
肌を老化させない工夫が求まられます。

 

  ~~~ 広告とその解説 ~~~

ナチュラルエレメンツバランシングゲル

化粧水を肌に与えるだけでは、肌を保湿することはできません。

正しい保湿ケアには“保湿成分”が必要です。

その保湿成分というのが“セラミド”なのです。
     (本文中にも有りましたが・・・)

セラミド
セラミドが不足していると、上の図のようになってしまいます。

 

オールインワンジェル」には、3種類のセラミドが配合されていますので、
肌の保水力を高め、肌のバリア機能を強化することができます。

そして、ここに配合されている“オールインワンジェル”は
圧倒的なハリ、ツヤ、透明感を与え、
若々しい肌を保つことに必要不可欠なコラーゲンや
ヒアルロン酸を生みだすことをサポートする働きがあります。

この他にも、自然由来のやさしい成分を配合されています。

また、少し難しい事ですが、
浸透性と持続性にすぐれたゲル “バランシングゲル”は、
医薬品に使われている高い技術を応用して、
ゲル自体を水分と油分が交互に何層にも重なり合っている
ラメラ構造にすることで、
肌は強力なバリア機能と水分保持機能を持たせています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

乾燥肌を守る正しい保湿ケアは、肌のバリア機能を高めます。

潤いを逃がさないためには、セラミドを肌に与えてあげることです。

年齢によって変わる肌を日頃の正しいケアで
エイジング対策をすることが大切なのですね。

公式サイトは下記からご覧ください。
     ↓↓↓
ナチュラルエレメンツ

>>ナチュラルエレメンツバランシングゲル